すすきのセミハードキャバクラ「セクシーウエスタン エキゾチック」の体験談・口コミ①

すすきのセミハードキャバクラ「セクシーウエスタン エキゾチック」の体験談・口コミ

どうもみなさん、こんばんは。
指名嬢が海外旅行ばかり行きまくってるので自分より稼いでる説濃厚、もぐおです。ヾ(・ω・`)ノ

7月に入りいよいよ札幌も夏らしくなってきたせいか、すすきのも夏の繁忙期のエンジンがかかってきましたね。
先週末の7月6日土曜日は、真駒内で花火大会や大通でお祭もあったせいか、女の子のいる飲み屋さんも飲食店もどこも混んでなかなか入れませんでした。
もぐおも〆にサクっと一人焼肉でもと、深夜2時過ぎにすすきのを徘徊してましたがどこの焼肉店も入れず断念して帰宅。

そんな夏の繁忙期を前に、すすきののニュークラブやキャバクラで新店がいくつかオープンしました。

その中でも一番、もぐおが注目していたお店がセミハードキャバクラ「セクシーウエスタン エキゾチック」

もぐおもブログで過去に何度も告白してますが、このロデオガール衣装が大好きです!ヾ(・ω・`)ノ
ロデオガールの衣装からは騎乗位でガンガン腰を振られるエロさを勝手に連想し、いつもすすきのでロデオガール系のお店があると期待して突撃するのですが、その度に玉砕する苦い思い出があったり。

【関連記事】すすきのガールズバー「COW GIRL(カウガール)」の体験談・口コミ①

【関連記事】札幌すすきのヘルス「クレイジーホース」の体験談・口コミ①

これまで、ガールズバー・ヘルスと期待値以下の感想でしたが、今回は一味違う気がします!

なぜなら、今回オープンした「セクシーウエスタン エキゾチック」は、すすきののセミハードキャバクラとして定評のある「EN女医」「JOENN(ジョエン)」の系列店のキャバクラだからです!<(`ヮ´* )/

これは今回こそダウンタイムで、念願のカウガールの格好をした“セクシーロデオギャル”に騎乗位スタイルでガンガン腰を振られたりしちゃうんじゃなかろうか?
もぐおの期待値は今回も懲りずにぐんぐんあがった状態で突撃です!<(`ヮ´* )/

すすきのセミハードキャバクラ「セクシーウエスタン エキゾチック」にセクシーロデオガールを求めて突撃してきた体験談

というわけで、2019年7月4日にグランドオープンしたばかりの「エキゾチック」に行くため、まずはいつもの無料案内所へ到着。

セミハードキャバクラの新店とあってか、他のキャバクラはだいたい3,000~4,000円目安なのに対して、案内所の割引チケットを使っても50分5,000円とちょっとお高めですね。
時間は金曜日の21時と、キャバクラも混みだす時間帯だったので入れるか心配でしたが、無料案内所で確認してみると入れるとのこと。

早速、「エキゾチック」がある札幌市中央区南5条西5丁目 ソシアル桂和ビルに向かいます。
元々「ナースステーション」があった場所になります。

新店だけあって、地下におりる階段はお祝いのお花でいっぱいでした。

地下1階の受付で案内所のチケットを渡して早速入店。
ダウンタイムじゃなくても店内はけっこう暗めです。

店内は基本的にナースステーションの時と同じレイアウトでしたが、内装が若干違う感じ。
ナースステーション時は奥のホールが1人客用のカウンターのような横並び席がありましたが、すべて2人客用のボックス席になっていました。

席に案内されてすぐに、一人目の女の子。
当たり前ですが、ロデオガール姿で登場です。

できたばかりのお店ということで、イチャイチャは疎かにしてまずは事情聴取並みの質問責めで、女の子からいろいろと情報を集めます。

まずロデオガールの衣装ですが、以下の写真のように少し露出のある(胸とお腹が出てる)かないかの2パターンあるみたい。

制服としても可愛いですし、露出のある方のロデオガールは特にエロさがあって、ダウンタイムではセクシーロデオギャルが馬乗りになってイチャイチャできる期待値がありますね。

頭のカウボーイハットはさすがに邪魔なので写真通りではなく、小さいカウボーイハットの形をしたアクセサリーを頭にちょこんと乗せていました。
わかりづらいですが、こんな感じのハット風アクセサリーを付けてます。

そして、女の子全員、リボルバー銃を持ってます!<(`ヮ´* )/

引き金を引くと弾は出ませんが、きちんとリボルバーが回転しそこそこの音がします。(笑)
何に使うか全く持って謎ですが、カウガールの演出だけのようです。

もぐおは何人目かでエロノリの良い女の子がついたので、その子の口の中に銃口を入れて擬似フェラしてもらってましたが、他にももっと良い使い道があれば面白いのになと思いました。

ちなみにこの銃は無くしてしまうと、次からは女の子の自己負担で2~3千円くらい取られるそうなので、お客さんは酔っ払って持って帰ったりはしないように気をつけましょう。
早速初日で無くしてしまった女の子がいたようですがw

もぐおは今回、案内所の割引チケットを使った50分で3人の女の子。
20分だけ延長して1人の女の子の合計4人の女の子がつきましたが、4人とも見た目はギャル系の女の子でした。
周りを見ても巨体な女の子はおらず、スレンダーから普通、グラマー体型の女の子ばかりかと思います。

系列店のEN女医JOENN(ジョエン)から来ている女の子がとても多いらしく、特にEN女医の看板嬢だった女の子たちがごっそりとエキゾチックに移籍してきたとのこと。

「逆にEN女医の看板嬢がいなくなって大丈夫なんだろうか?」と、もぐおについた女の子は心配してました。
なので最近までEN女医に入り浸っていた方にとっては、女の子はまったく目新しくないかもしれません。

そして次にダウンタイムのお話なのですが、ダウンタイムの前にダンスタイムが1~2分ほどあります。

店内が暗くなり、店内に「ひひ~ん」と馬の鳴き声がダンスタイム開始の合図。
隣に座っていた女の子は立ち上がり、テーブル席横の通路に立ちます。
そこでBGMがダンス曲に変わって、それに合わせて女の子が踊ります。

もちろんダンスの完成度は非常に低いため、仲間内のお遊戯みたいなちょっとした事故感満載で微妙な空気になります(笑)
女の子も慣れていないのもあるせいか、周りをみても恥ずかしそうに遠慮がちに踊ってます。
お客さんはそれを真横で暗がりの中、その微妙なダンスを眺めているだけ。(´・ω・`)

そこまでエロいわけでもなく、触れるわけでもなく。
「え?正直このダンス時間いる?」と個人的に思ってしまいます。
これがお客さんも女の子ももっと泥酔して盛り上がって、さらに団体客だったら盛り上がるのでしょうかね・・・?

10年近く前に遡ってしまいますが、「Shake2(シェイクシェイク)」とか「花魁道中」もダウンタイムでダンスを取り入れてましたね。
それらは、女の子はソファの上に立って客とゼロ距離で踊り、触り放題だった気がしますが、エキゾチックでは逆に触らせないために女の子は一度通路に出て距離を取って踊るみたいです。

どうやらお店の方針としては、普通のキャバクラとは差別化を計りたいらしく、「何か新しいことを」という精神でダンスタイムを取り入れてるとのこと。
その営業努力は非常に喜ばしいことですので、1ヶ月くらい経過して落ち着いたらもっと何かが良い方向(エロイ方向)に改善されていることを祈るばかりです(笑)
今後に期待ですね!ヾ(・ω・`)ノ

1~2分程度のダンスタイムが終わると、女の子は再びソファ席に戻ってきて、ダウンタイム!
お客さんの膝の上の対面式で座るダウンタイムおなじみの格好でイチャイチャ開始です。

セミハードキャバクラなので、コスチュームの上をあけて、生おっぱいが出てきます!
もぐおがちょうど着いた女の子は、太っていないのにかなりおっぱいの大きな女の子。
ダウンタイムの5分ほど、しっかりと生乳を揉んで柔らかさと温かさを堪能してました。ヾ(・ω・`)ノ

指名することはなかったので、今回もぐおはダウンタイムで過激なことはまったくしてません。
が、EN女医JOENN(ジョエン)と同じく、キスやおっぱい舐めたりはできるかと思います。
下半身のお触りはパンツの上からでもNGですが、ストッキングなしだったので生の太ももは触り放題かと思います!

こんな感じで案内所の割引チケットの50分+延長20分してみましたが、女の子のレベルもサービスもいたって平均的なセミハードキャバクラでした。
下半身のお触りまでの過激さを求めず生乳を堪能できるくらいのサービス。

また、団体客やグループ客も対応できる席や女の子の人数なので、友達同士で飲んで騒ぎたいというニーズにも応えられるキャバクラだと思います。

カウガールの格好をした“セクシーロデオギャル”にダウンタイムで騎乗位になってガンガン腰を振られたい!というもぐおの欲望は今回も叶えられませんでしたが、イイ感じのエロギャルと遭遇できれば今後満たされるかもしれません。

お店自体も他と差別化を計りたいと、ダンスタイムを取り入れたりしてますし、これがもっとエロイ方向に切り替わってくれれば楽しいはず。

個人的にはダンスタイムは立って踊るのではなく、ダウンタイムでお客さんの上に跨って座るときに対面や背面座りなんかして、1分間くらい強制的に音楽に合わせて騎乗位のように腰を振らなければならないロデオタイムとかあったら楽しいのに!と妄想しちゃいます。

そういうポテンシャルはかなり高いんじゃなかと今後に期待して、今回のすすきのセミハードキャバクラ「セクシーウエスタン エキゾチック」の体験談はここまで!ヾ(・ω・`)ノ

すすきのセミハードキャバクラ「セクシーウエスタン エキゾチック」のまとめ

  • ロデオガール衣装は可愛い
  • 女の子は比較的若く、ギャル系が多い
  • EN女医からの移籍組が多く、EN女医の看板嬢だった女の子もほとんどエキゾチックに来たんだとか
  • セミハードキャバクラなので生乳は堪能できるも、下半身へのおさわりは一切禁止
  • 使用用途が不明な玩具のリボルバー銃を女の子が持っている
  • ダウンタイムの前に1~2分ほどのダンスタイムがある。BGMに合わせて女の子が通路で踊るというちょっと微妙サービス
  • ダウンタイムは5分くらいとちょっと短め
  • 基本料金はすすきののセミハードキャバクラの中でも若干高め

もぐおの評価

使ったお金:案内所チケット50分5,000円 + 延長20分 + 女の子ドリンク4杯 = 約15,000円

★★★☆☆ 3/5点

すすきのの平均的なセミハードキャバクラと言えそうです。
もう少しロデオガールの特徴を生かしたサービスに期待したいところですが、それは今後の課題と言えそう。
セミハードキャバクラに行きたかったら、EN女医・JOENN・カウガールの”どこか空いてるところに行こう”くらいのスタンスでまだいいかなと。

すすきのセミハードキャバクラ「セクシーウエスタン エキゾチック」の詳細

「セクシーウエスタン エキゾチック」のお店情報

  • ジャンル:セミハードキャバクラ
  • TEL:011-520-6233
  • 住所:札幌市中央区南5条西5丁目 ソシアル桂和ビルB1F
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅徒歩5分
  • 営業時間:19時00分~翌1時00分
  • 定休日:年中無休

「セクシーウエスタン エキゾチック」のシステム

  • 1SETのシステム:50分に女の子複数交代
  • ダウンタイム:30分に1回
  • 制服:ロデオガール(カウガール)
  • 前金制:×
  • コール付:○
  • 客席:ボックス席

「セクシーウエスタン エキゾチック」の基本サービス内容

  • Dキス:○
  • トップレス:○
  • 胸お触り:○
  • 下半身お触り:×

「セクシーウエスタン エキゾチック」の料金システム

  • 1セット50分
    ・19:00~19:59 6,000円
    ・20:00~LAST 8,000円
  • 本指名料 3,500円
  • 場内指名料 3,000円
  • 延長20分 3,800円
  • SC&TAX 25%

※料金システムなどは、掲載時から変更となる可能性あります。