すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」の体験談・口コミ①

すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」の体験談・口コミ

どうもみなさん、こんばんは。
ナイツブログで高級店の料理写真ばかり出してるニュークラ嬢は、指名するとお金がかかる、もぐおです。ヾ(・ω・`)ノ

最近は風俗ガールズバー関係のブログ記事が多いもぐおですが、ニュークラブには相変わらず通っています。

基本的に指名で通っているお店は8店舗ほどありますが、中には毎週、または月に数回通って鴨っぷりを発揮していたり、逆に月に一度、数ヶ月に一度だけ顔を見せに行く程度のお店まで様々です。

そんな指名のあるニュークラブがそこそこあるもぐおですが、指名ではなくフリーでもちょこちょこ飲みに行っていたりもします。
なんでしょう?
常に新しい出会い・刺激を求めているみたいな。

乾いた表現で言うと、いくら同じ店であったとしても結局は女の子自体がサービスであり、”商材”でもあるのです。
その商材がかなり高い頻度でラインナップが替わっていたりするので、「一回このお店に行けばいいや」とはならず「今日は○○な子だったけど他の日に行けばもっと違う子に出会えるかもしれない」という状況が常にあるわけです。
(女の子をモノ扱いしたいわけではなく、イメージしやすい、わかりやすい例えとしてあえて”商材”という言葉を使ってます)

フリーで飲みに行くと、だいたいは20~30分程度で女の子が交代していきます。
その短い時間で、初対面同士のお互いがまだよそよそしく「どういう人間なのだろうか」と探り合ったり、自分の身近にはないような新鮮な話を聞き出せたり、思いがけない相性の良い女の子とすぐに打ち解けて仲良くなれたり、と色んな体験をすることができるのです。

もちろん指名の子とお酒を飲むのは、それだけ既に打ち解けてるので楽しいですし安心感もあります。
が、フリーでニュークラブに行くこともそれはそれで別の楽しみ方もあるのです。

すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」の昔話

そんな感じで、もぐおは指名嬢がいないニュークラブにふらっとフリーで行くことがあります。
すすきののほとんどのニュークラブへは足を運んだことがあるので、悲しいことに案内所の割引チケット(初回のみ有効)を使えるお店はほぼ残っていません。

この日はなんとなく、4~5年ほど前に行ったきりとなっていた、すすきのニュークラブ「CLUB Arrow(クラブ アロー)」へ久々に行ってみることにしました。

「Club Arrow(クラブ アロー)」は、大阪を中心に全国展開しているアローグループのお店です。
以前は同じフロアに「Club Tete(クラブ テテ)」がありましたが閉店し、その後は同じ箱に「Club Mirage(クラブ ミラージュ)」と、もう1店舗別の系列店がありました。
が、こちらもけっこう前に閉店してしまい、現在すすきのではこの「Club Arrow(クラブ アロー)」1店舗しかありません。

アロー系列のお店はどちらかと言うと、ちょっと高級志向でお姉さん系のホステスさんが多く在籍しているクラブ寄り。

もぐおも過去に指名嬢がいたことはないのですが、人生で5回ほど行ったことがある感じ。
最後に行ったのは2014年前後くらいだったと思います。

その時(2014年当時)のもぐおの勝手なイメージというか抱いた印象

  • アラサーが多くアラフォーに近い人も少なくない
  • シングルマザーが多い
  • 店が狭く居心地良くない

と、ちょっとマイナス方向に偏っているものでした。(勝手な想像)

特にクラブ テテが閉店した後は、その元テテ組もアローに合流したのですが、その方々もアラサーが多かったイメージです。
ちなみにその元テテ組の多くは、数年前にまとめてプリンスグループの「NOBLE(ノーブル)」(当時はルクラブ)に引き抜きされていきました。

そんな感じで、個人的にあまり魅力に思っていなかったお店だったので、フリー通いが好きなもぐおでも、「CLUB ARROW(クラブ アロー)」へは4~5年ほど足が遠のいていたのでした。

すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」に久しぶりに行ってみたらスレンダー美人ばかりの良店だった!

2018年9月の平成30年北海道胆振東部地震から1週間後の某日。
関連記事→平成30年北海道胆振東部地震に伴う大停電の体験談@もぐお的備忘録

いつも通り案内所でどこのお店に飲みに行こうかと思案。
なかなか「ここだ!」というお店が見つからず悩んでいました。

そんな時にふと目に留まったのが、このパネル看板。

もうこの写真に写っているホステスさんはほぼ在籍していないけど「懐かしいなぁ」と思い立ち、、久々にすすきのニュークラブ「Club Arrow(クラブ アロー)」へ行ってみることに。

「CLUB ARROW(クラブ アロー)」は、札幌市中央区南5条西3丁目 美松ビル8Fにあります。
地下鉄すすきの駅からもすぐ近く、駅前通り沿いに面しているビルなので行きやすいですね。

エレベーターを8Fで降りると、シックな雰囲気の入り口がお出迎え。

もともとこのフロアには、このクラブ アローとクラブ ミラージュがありましたが、クラブ ミラージュが閉店した今、1フロアにこのクラブ アロー1店舗しか入っていません。
クラブ ミラージュがあった場所は空き店舗のようになっていて、資材置き場と化しているそうです。

受付でフリーと告げてお店の中に案内されます。

クラブ アローはすすきののニュークラブの中でも比較的狭いほうだと思います。

受付から中に入ると、左側にカウンタータイプの席が並んでいるスペースがあり、右側には普通のテーブル席のホールがあります。

左側のカウンター席は一人ひとつの椅子でソファータイプでありません。
バルセロナグループのお店のカウンターは2人掛けのソファーでカップルシートっぽいですが、ここアローグループは普通の飲食店のような一人づつの椅子ですので、女の子とちょっとだけ距離が生まれる感じになります。
また、すぐ後ろにトイレがあるため、人の出入りが激しくあまり落ち着きません。

右側のホールの席は普通のソファー&テーブルタイプの卓になります。
が、長方形のホールに壁沿いに卓配置されていて仕切りもないので、周りの席からオープンになっていて居心地がよくありません。
おまけに狭いホールの為、指名被ったら丸見えなのです。

なんでも大阪ではこういう造りのキャバクラが多いらしく、お客さんが色んな女の子を見ることができる、とあえてこういう造りにしているのだとか。
この丸みえ状態なホールは、人によって好き嫌い分かれそうですが、もぐおは嫌いです。(´・ω・`)

ただ、内装は落ち着いていて、大人の社交場のような感じです。
ソファーがちょっとオシャレですよね。

ただ1点気になったのが、床の絨毯の擦れ具合。(笑)

ホール中央や、座る席の真下の絨毯が恐ろしく擦りきっています。
普通こんなになります?
一体何があったの?というくらいな有様に。(笑)

一応は高級志向の姉クラなのだから、こういうところはきちんと直してもらいたいものです。(´・ω・`)

また、このクラブ アローは、VIPルームのほか、スイートルームなるものがあります。
スイートルームのチャージ料金は60分30,000円(シングルチャージだと+10,000円でTAX&SC入れたら50,000円!)なので、もぐおも入ったことはありませんが、どんなセレブ空間が広がっているんでしょうかね。

さてさて、お店のレビューはこのへんにして、在籍する女の子のお話。

前述した通り今回訪問するまで、もぐおは「CLUB ARROW(クラブ アロー)」の女の子レベルは高いと評価はしていませんでした。
2014年当時のイメージではありますが、アラサー&アラフォーばかりのニュークラブという印象。

まず一人目についた女の子は、綺麗系の21歳の女の子。
細くてスラっとしててスタイルが良い子です。
正直、こういう若くてモデルのような子がいるとは思ってもいなかったので、一人目から素直に驚きです。

この女の子は見た目は綺麗系ですが、中身は天然で男からは好かれるタイプの女の子。
会話も弾んでかなり楽しい時間を過ごせました。

こうなると、可能な限り長くいてたくさんの女の子を見てみたくなります!ヾ(・ω・`)ノ

2人目についた女の子は、胸を強調したドレスだった為、巨乳に見えてセクシーでそそられます。
何よりこの子は現役のAV女優さんなんだとか。
恐らくは単体女優としてガンガン売れているタイプではなく、企画モノに多く出演されるタイプの子かもしれませんが、普段聞けない業界のいろんな楽しいトークを聞くことができて感動しました。

3人目も若くて細くて、髪型がボブくらいのショートな女の子。
広末涼子に70%くらい似ています。
一般人で70%も似ているなんて、相当な部類だと思います。

その後も20代前半のモデル系のスラっとした美人ホステスさんがついたり、話の面白いアラサーのベテランホステスさんがついたりと、女の子のレベルが異様に高かったです。
もしかすると、来る前のもぐおの評価(想像)があまり低かった為、その反動でそう感じただけなのかもしれませんが、3時間で8人ほどついて、内5~6人は指名してもいいかな?と思えました。

長くいる女の子に「クラブ アローは、アラサー・アラフォーのあまりパっとしなそうな女の子ばかりいると思った」と、失礼にも素直に聞いてみたところ、今年の夏くらいにバルセロナグループの「P&J(旧ピアジェ)」から人気嬢が数人移籍してきたとのこと。
おまけにここ数ヶ月、さらに若い女の子の入店も多かったみたいで、若い女の子の在籍もかなり多いとのこと。

まぁ、あくまでもアラサー・アラフォーばかりというのは、もぐおの勝手な想像であって、元々ここ数年、若い女の子が多く在籍していたという話でしたが。

それにしても、バルセロナグループ「P&J(旧ピアジェ)」から移籍してきた女の子。
もぐおも一度、P&Jでついたことがありますが、かなり美人なホステスさんです。
もちろん人によって好き嫌いの傾向はありますが、それを加味しても顔だけで言うなら、今のすすきのニュークラブで美人ベスト10に入るのでは?と言っても過言ではないはず。

さすがに元大手グループの人気キャストというだけあって、前の店から連れてきた太客も多いらしく、クラブ アローが今盛り返している要因になっているみたいです。
現にもぐおは勝手にガラガラだろうと思っていたのが、少ないホール卓が埋まりかけだったくらい混雑してました。
激暇店と勝手に思っていただけに、かなり予想外でした。
週末だと時間帯によっては、満席で入れないお客さんもいるとのことです。

本当にお店に行くまでと行った後の感想は真逆。
特に女の子レベルが高く、アラサーのベテランホステスさんから若くてモデルのようなスレンダー美人ホステスさんまで在籍する穴場な印象を受けました。

ただ、やはりお店が狭く、構造上居心地はあまり良くないので、この機会に隣の元クラブ ミラージュの箱を潰して、ワンフロアーをフル活用するクラブ アローを拡大リニュアールしてもらいたいものです。
系列店がない1店舗状態なので、リニューアル工事の休業中に人気キャストが他店に行ってしまうリスクがあるので、現実はしないかと思いますが。(´・ω・`)

そんな感じで、勝手に悪いイメージを抱いて失礼な発言ばかりしてしまい「CLUB ARROW(クラブ アロー)」さん、申し訳ありませんでした!(笑)
たぶんそのことに怒ったクラブ アローさんにボラれていたワケじゃないと思うけど、フリー3時間で6万円弱とかなり出費が痛かったです。ヾ(・ω・`)ノ

すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」のまとめ

  • 女の子のレベルは高く、スレンダー美人系が多め
  • ホール席は他のお客さんから丸見えで、居心地はあまり良くない
  • ホールのじゅうたんが擦れてて高級感が台無し
  • 料金はちょっと高めだと思う

もぐおの評価

使ったお金:フリー3時間 60,000円弱(女の子ドリンク込)

★★★★☆ 4/5点

女の子レベルが予想外に高かったが、料金も予想通りちょい高かった。
店が狭いというのもあるが、意外と混雑していた。
「指名してみたいな」と感じた魅力ある子が何人かいたが、他店の指名嬢も多いので、これ以上増やすのは金銭的にキツイので断念。
でもボトルは入れたから、また今度フリーでふらっと行くかもしれない。ヾ(・ω・`)ノ

すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」の詳細

すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」のお店情報

  • ジャンル:ニュークラブ
  • TEL:011-520-2070
  • 住所:札幌市中央区南5条西3丁目 美松ビル8F
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅徒歩3分
  • 営業時間:20時~LAST
  • 定休日:日曜・祝日

すすきのニュークラブ「CLUB ARROW(クラブ アロー)」の料金システム

  • 1セット60分
    20:00~20:59 5,500円
    21:00~LAST 6,500円
  • 延長30分 3,500円
  • 指名料金 3,000円
  • 同伴料金 3,000円
  • VIPルーム60分 10,000円
  • スイートルーム60分 30,000円(シングルチャージ別途10,000円)
  • TAX 8% / SC 17%

※料金システムなどは、掲載時から変更となる可能性があります。