すすきのガールズバー「Laplace(ラプラス)」の体験談・口コミ①

すすきのガールズバー「Laplace(ラプラス)」の体験談・口コミ

どうもみなさん、こんばんは。
ナイツネットのブログを見て一目惚れしたニュークラ嬢さんを指名で行っては後悔を繰り返す哀しい生き物、もぐおです。ヾ(・ω・`)ノ

さてさて、夜のすすきのの街を徘徊していると目に付くのが道沿いに立ってキャッチしている女の子。
ガールズバーやパブの店員さんらしき子が時には愛想を振る舞いながら「ガールズバーいかがですかー?」と声をかけてきます。

もぐおは一対一でしっかりと接客してくれるキャバクラ・ニュークラブ派なので、ガールズバーは得意ではなくいつも素通りしています。
目を合わせたらダメだと勝手に思っているので、基本的に見向きもせずに早足で通り過ぎます。

そんなもぐおですが、今年の2019年春くらいから気になる美人さんを見かけるようになりました!

すすきのの中心部から少し外れた、すすきの5条メイプル通り沿いのANAホリデイイン前付近。
ここに2018年末くらいからガールズバーの店員さんらしき女性が立つようになったのは認識してましたが、特に最近は思わず目を奪われそうな美女が立っていることが多いなぁ、と感じるようになりました。

制服が似ているのですが若干違うデザインのため、恐らく2店舗分のガールズバーの女の子がいると思います。

両方ともスーツ姿のような制服で、タイトなミニスカートなのは共通。
片方が胸元が少しだけ露出したデザイン。
もう片方が紺色のジャケットにシャツスタイルで一見、CAさんっぽいデザイン。

ここにすごいスタイルが良い上に顔も美系な「イイ女」感満載な美女が立っていることが多いのです!<(`ヮ´* )/

前述した通り基本的にキャッチの女の子の顔をマジマジと見たりはしないもぐお。
それでも視界の片隅に入る程度でも感じる「イイ女」感。

ミニスカでスーツの制服なんだけどそれがまたイイ感じにエロい!

が、このあたりのガールズバーのお店をネットで調べても、なかなか該当するお店が出てくることはなく。
しかも女の子の周りには店のスタッフと思われる男性も近くにいるのですが、正直あまり柄が良くない感じにも見えていたり。(ちょっとコワモテ…)
『ガールズバー=ぼったくりもある』なんて固定概念があるので、うかつに着いて行くのも怖いなーと素通りする日々を送っていました。

キャッチが美女揃いで気になる!すすきのガールズバー「Laplace(ラプラス)」の体験談・口コミ

ちょうど良い感じに酔っ払って歩いてたとある夏の日。

「もうボッタくられてもイイヤ!めっちゃ気になる!!」

と我慢できなくなり、ちょうど美女さんの一人を発見したので逆にこちらから声をかけてみました。

制服が違う2つのガールズバーとも気になりましたが、今回はこの付近で立ってたキャッチの女性の中で一番の美女を選びました。
露出のある胸元が強調されたほうのお店ではなく、タイトミニで紺色のジャケットにシャツスタイルのCAさんっぽいお店。

店名を聞くと「Laplace(ラプラス)」というガールズバーとのこと。
2018年の年末にオープンしたガールズバーみたい。

正直、初耳でした。。。(´・ω・`)
まずはお店に行く前にその場で料金を確認してみると、1時間3,000円とのこと。
うん、いたって普通の料金設定だ…。

余談ですが、このもぐおが来店した時はまだ「ラプラス」は案内所にも載っていなかったと思いますが、2019年8月末くらいに案内所で掲示物や割引チケットが出るようになりました。

とりあえず目の前の美女さんにお店へ行くことを伝えて二人で歩いていきます。
この時点でまずどこのビルに連れて行かれるかわからず、まだまだドキドキ状態です(笑)

到着したのは、札幌市中央区南4条西2丁目 わたなべビル。

老舗ソフトキャバクラの「輝夜姫(かぐやひめ)」が入っているビルですね。
エレベーターで6Fまであがり、お店の中へ。

扉を開けると正面にモニターと女の子がいるスペースがあり、そこを囲うようにカウンターが並んでいます。

席数は13席と、かなり小さい店舗になります。
店内は装飾などほぼない状態でやや殺風景です。

もぐおは深夜0時過ぎに入店しましたが、すでにお客さんは2組いました。

とりあえずカウンターの中央に案内されて着席。
ここでもう一度詳しい料金システムを伺います。

1セット60分3,000円で焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウーロン・緑茶が飲み放題。
+1,000円でビールも飲み放題にできる。
シングルチャージは1,000円。
女の子ドリンクは1杯700円~。
SC・TAXは15%。

ざっと料金システムを見た感じ、とても健全そうなガールズバーの料金システム。

実際に女の子に声をかけるまでは、キャッチの男性スタッフや知らないお店の制服ということで、かなり身構えていたけど、実際にお店に入るとお客さんも他にいてちょっと安心しました。

ちなみに営業時間は21:00~翌6:00と、オープンが他店よりもちょっと遅いですね。

まずはもぐおは焼酎を注文し、ついでに女の子にも700円のドリンクを注文して乾杯。

さてさて、もぐおが声をかけてお店まで連れてきてもらった女の子。
あまり細かく特徴を書いてしまうと一発でバレてしまうのでボカしますが、顔もスタイルもモデル風な20代前半の超絶美女!<(`ヮ´* )/
王様のブランチのレポーターとか芸能人のタマゴと言っても通じるくらいな美人さんです(もぐお主観)
個人的にはニュークラとかで働いた方が稼げるのでは?と思いますが、いろいろ事情があるんでしょう。

そして、あらためて制服を凝視すると、やはりタイトなミニスカートはエロイ。
周りの女の子を見てもスタイルが良い子が多く、美脚にそそられます。

ちなみにもぐおに着いている子以外に3人ほど女性がいましたが、一人はバーレスクTOKYOにいそうなちょっと派手めなギャル系美女。
もう二人は可愛い系の女の子(一人はすごい巨乳)でした。
もちろん女の子全員見たわけではありませんが、ビジュアルレベルはかなり高いんじゃないでしょうか。(もぐおの趣味なだけかも…)

と、女の子と乾杯して5分ほど。
目の前の美女店員さんのグラスはすでにカラです。

カラ。

…早くね?(笑)

レディースグラスなんてその気になれば2~3口で飲める量ですしね。
いくら1杯700円と単価が安くても、このペースだと60分で12杯ちかく注文してしまうリスクがもぐおの中で芽生えました。

そして隣のお客さんに耳を澄ませると

「またおかわりするの?これで6杯目じゃないか(笑)」

と笑いながら話している会話が聞こえてきましたwww

これは確実にドリンクおかわりが激しい系のガールズバーだ!<(`ヮ´* )/
と気がついたもぐお。

いや、いいよ。
もぐおの中ではドンピシャタイプの美女さんだし、大いに飲んでくれても結構!
が、所詮ガールズバーで飲むレディースカクテルなんてアルコールほとんど入ってなくて、何十杯と飲んでも酔うことなんてなさそう。

それは、ちょっと悔しい!!
どうせお金払って飲んでもらうなら、酔ってもらいたい!!

そう思ったもぐおは、2万円程度のシャンパンボトルを注文!ヾ(・ω・`)ノ

どうせなら女の子に酔っ払ってもらおうじゃないかと、女の子とゲームしてシャンパン一気飲み対決なんかしてハイペースで消化。
女の子もだんだん酔っ払ってきて、少しフラフラな感じでカウンターに寄りかかって可愛らしく甘えん坊な雰囲気に。
女の子は酔った方がエッチなトークも弾むし、若干のスキンシップもあるしで楽しいですよね。ヾ(・ω・`)ノ

途中、女の子を交代しますか?みたいに聞かれましたが交代せずに最初に声をかけた美女さんを継続して選びました。
これが指名扱いになって指名料金がかかるののかちょっとナゾです。。。

そうして、60分経過したところでチェックしてお会計。
シャンパンボトルを入れたので3万円くらいでした。
最後は女の子と連絡先を交換してバイバイしました。

もぐおの場合もそして他のお客さんを見ても、女の子はドリンクおかわりをガンガンするタイプのガールズバーと見受けられました。
そのため60分3,000円ですが、女の子ドリンクとそしてSC・TAXを考えると、やはり1万円弱程度の予算を見ておくべきお店なのかもしれません。
(もちろん女の子がどれだけおかわりするかによって料金が変わりますが)

ガールズバー初心者のもぐおですが、ここで自分の中でひとつのガールズバーあるあるを発見しました。

ドリンクおかわり攻撃が激しく女の子のドリンク代だけで高額料金かかってしまうガールズバーとパブは、店外で女の子がキャッチとして立っているケースが多く。
逆に良心的なガールズバーほど女の子が外でキャッチすることがない!!

例えば前者のドリンクおかわりが激しく、女の子一人につきドリンク4杯以上注文されるようなお店は、今回の「ラプラス」や次回体験談を書く予定のもうひとつの気になるガールズバー「ユニバーサル センチュリー」。
駅前通のカラオケ館周辺に立っているガールズバーやパブ「ムーンステラ」など、キャッチとして女の子が立っていることが多いと思います。

逆に比較的ドリンクおかわり攻撃が控えめで良心的っぽいのは、「エレファントカフェ」や「タコランド」、「GOD」など。
これらのガールズバーの女の子はキャッチとして街中に立っていたりはしませんよね。

女の子のドリンクは一人1~2杯程度くらいの料金を抑えたいという場合は、キャッチとして立っていないガールズバーを選ぶのもひとつの目安だと思います。

そんな説を提唱しつつ、すすきのガールズバー「ラプラス」の体験談はここまで!ヾ(・ω・`)ノ
次回はもうひとつの気になるキャッチがいたガールズバーをご紹介するよ♪

すすきのガールズバー「ラプラス」のまとめ

  • 一見怪しげだけど料金システムも普通のガールズバー
  • 女の子のビジュアルレベルはめちゃくちゃ高い(もぐお主観)
  • 18~20代前半までの女性が多く、夜経験がそこまで長い子はあまり在籍してないらしい
  • 制服はタイトなミニスカートで紺色のジャケットにシャツスタイルでCAさんっぽいスタイル。イイ感じにエロい!
  • 女の子は有料ドリンクのおかわりが激しいので、有料ドリンク代だけでけっこうな料金になりそう。60分1万円弱はみといた方が安全
  • 女の子と連絡先交換OK
  • 朝6時まで営業している
  • お店の規模自体は小さい

もぐおの評価

使ったお金:約30,000円
(女の子のカクテル1杯とシャンパンボトル含む)

★★★☆☆ 3/5点

もぐお好みの美女さんだったので気持ち的にはニュークラブよりかは安くてお得なイメージ。
ただその分、ニュークラブよりも女の子とのスキンシップも限界があるので、ガールズバーが苦手なもぐおにとってみれば通おうか悩むレベルでもある。

すすきのガールズバー「Laplace(ラプラス)」の詳細

すすきのガールズバー「ラプラス」のお店情報

  • ジャンル:ガールズバー
  • TEL:011-211-1818
  • 住所:札幌市中央区南4条西2丁目 わたなべビル6F
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅徒歩5分
  • 営業時間:21時~6:00
  • 定休日:月曜定休

すすきのガールズバー「ラプラス」の料金システム

  • 1セット60分 3,000円
    +1,000円でビールの見放題
  • 延長30分 2,000円
  • シングルチャージ 1,000円
  • SC・TAX 15%
  • 女の子ドリンク 700円~

※料金システムなどは、掲載時から変更となる可能性があります。