すすきのセミハードキャバクラ「Show girl MORE(モア)」の体験談・口コミ①

すすきのセミハードキャバクラ「MORE(モア)」の体験談・口コミ

どうもみなさん、こんばんは。
ホステスさん・キャバクラ嬢さんたちの海行き過ぎ度合いは異常だと思う、もぐおです。ヾ(・ω・`)ノ

夏は「海行きました写真」、冬は「風引きました~からの体温計写真」というのが最近のホステスさん、キャバクラ嬢さんたちの風物詩ですよね。

謎に包まれたすすきのセミハードキャバクラ新店「MORE(モア)」

さてさて、そんなもぐおは先日ひさしぶりにナイツネットを見てました。
たま~~に見るとしてもニュークラの方ばかりでしたが、とあるお店の体験記事を書くためにキャバクラの方を調べていると、なにやら見慣れない名前が。

and more

ナイツの店名欄には「and more」と書いてるけど、そこ以外はすべてMORE(モア)表記。
「andってなんだろう?」
こういうの気になると、もうずっと気になっちゃって、もぐおはソワソワしちゃいます。

おまけにロゴには「Show girl」の文字が。
キャバクラ?ショーパブ的な?
でもジャンルには“セミセクシー(セミハードキャバクラ)”って書いてるよなぁ。。。
う~~む。(´・ω・`)

内容を見てみると、どうやら2018年7月2日にオープンしたばかりのお店らしい。

…の割にはあまり話題になっていないような?

ナイツネットの紹介文を読むと

ゴージャスな店内とよそのお店では、見ることのできない突き抜けたジャグジーカウンターで並んでいる女の子を優雅に選んでください。
かなりレベルの高い女の子をそろえておりますが、そこから更にお気に入りを見つけて満足のいく時間を堪能してください。

ジャ…ジャ…ジャグジー?!

どこかのバブリーなセレブパーティーのように、女の子が水着でジャグジーに入ってるの?!

え?キャバクラで、しかもセミハードだからビキニギャルを触れるの?

え?え?もしかして客も一緒にジャグジー入るの???

と、魅惑の“ジャグジー”という文言がひとつあるだけで、疑問がどんどん沸いてきます。

うーん、よくわからない…(´・ω・`)

じゃあ、もう行くしかないでしょっ!!<(`ヮ´* )/

というわけで、いつも通りまずはクラブマンゾクの案内所へ。

そこで、60分5,000円という割引チケットを貰い、いざ第1グリーンビルへ向かいます。
“ジャグジーカウンター”という不思議ワードがまた出てきますが、これもようやくもうすぐ判明します。

ちなみにこの第1グリーンビルのエレベーターですが、ビルに相席店が入っているからか若い女性集団が非常に多いです。
小心者なもぐおは案内所のチケットをポケットに隠して、さもオサレなBARで一人飲みする中年を装い、若い女性でぎゅうぎゅうになったエレベーターを耐え抜きました。
まぁ、降りたフロアの真正面がキャバクラなので、察されたんでしょうけれど。(´・ω・`)

MOREのサービスもチップ交渉型の女の子次第!ただしダウンタイム制

こんな感じのちょっと高級そうな入り口です。

この扉を開けて中に入ると、通路の両サイドがショーウィンドウになっていて、女の子がイスに座っています。

ショーウィンドウに女の子が飾られているイメージです。
かなり狭そうなんで、閉所恐怖症な子は10秒で倒れそうなくらいな代物です。

はっはーん。ヾ(・ω・`)ノ
Show girl ってショー(舞台)ではなく、”女の子を見て”って意味だったんだ!

ちなみにこのショーウィンドウはマジックミラーになってはいませんので、女の子が普通に手を振ってくれます。

ショーウィンドウの目の前に立っている黒服さんが受付役でしたので、一通りのシステム説明を受けます。

すると、ダウンタイムは約30分に1回あるものの、サービス自体は予め購入したチップで女の子に自分で交渉するというスタイル。

チップは1枚500円で、最低発行数は2,000円分かららしい。

簡単に言うと、回遊魚のお触りタイムがダウンタイムのみに限定されている感じでしょうか。
ということで自然な流れで、回遊魚のグループかと聞いてみたら、どうやら違うとのこと。
しばらくはこういうスタイルのキャバクラのオープンが続くのかもしれませんね。

受付での説明が終わると、早速席へ案内されますがなかなか広い店内で、受付~キャバクラのボックス席へ向かう間には

もぐおの中で話題沸騰のジャグジーカウンターがありました!<(`ヮ´* )/

名前の通り円形のカウンターの中央がジャグジーになっており、そこに水着姿の女の子が入ってお話するエリアらしい。
カウンター越しになるため、女の子へ触ることができずダウンタイムもありません。

その為、たとえば通常のキャバクラコースとして入った場合
60分(VISITOR / 20:30~) 6,800円のところ
ジャグジーカウンターでは、40分2,000円(ワンドリンク付)になるらしい。

ここだけガールズバーのような空間になる感じなんでしょうか。
それでも水着の用意のある女の子しか対応していないみたいです。

また、このカウンターの周りを2~3人の黒服さんが待機していたので、ここでエッチなことをするのはさすがに無理そうでした。

さて、もぐおは2~3人客が座れるけっこう広々とした席に案内されました。
仕切りは超うす~~いレースカーテンのようなもので仕切られていますが、ダウンタイム時以外はけっこう明るいので、周りの席がよく見えます。

一人目の女の子は、ちょっとポッチャリ系ですが、その分巨乳で童顔の可愛らしい女の子。
(ただし桃白白では痩せているレベルです)。
色々と愛想よく振舞ってくれて、さらにダウンタイムでもけっこうガッツリなDキスできました。

ダウンタイムは30分に一度に5分程度の時間で行われます。
これまでのかなり明るい店内から、けっこう暗めの店内に変わります。

もぐおは最初、女の子にチップを渡していませんでしたが、それでもキスと服の上からのお触り(おっぱいやお尻くらいまで)はOKでした。

5~6人目の途中で気に入った子がいたので場内を入れてから、チップ5,000円を渡したのですが、Dキス・生乳・手マンとハードキャバクラ的なサービスまでOKでした。
ただこの女の子がけっこう積極的な子だったので、あくまでも”チップ制の交渉の賜物”であり、女の子全員がここまでのサービスではないかもしれません。

ちなみに、もぐおはこの日。
MORE(モア)へ来る前にお寿司屋さんで日本酒をたらふく飲んでおり、細部まであまり覚えておりませんw
記憶なくなるほど泥酔というわけではなく、記憶に残さなくてもいいやレベルの会話ややり取りだったんだと思います。

こんな調子で女の子がトータルで6人ほど着きましたが、みんな程よく可愛く、程よくエロい子ばかりでした。
新店ということもあってか、6人中2人は最近までニュークラで働いてたと自称している子でした。(ただしヘルプまわりレベルかな)
個人的には回遊魚と同等レベルの女の子であり、同じくらい元・現風俗嬢がいるような気がしないでもないような(笑)

それでもオープン当初の回遊魚のような、1万程度のチップ払って個室さえ行けば、フ○ラや本○しちゃうみたいな子は少ない…というかほぼいない気がします。(あくまでも直感)

MORE(モア)も一応、Small Room 60分8,000円のVIPルームがあるみたいですが、さすがに黒服さんのチェックがかなり厳しいはず。
ちなみに回遊魚でももう恐らくはもうそういう行為は無理だと個人的に思ってます。
チップを渡してアフターで~、ってならまだまだアリかもしれませんが。ヾ(・ω・`)ノ

そんなこんなで、飲みたいモードな日だったので、代わる代わる来る女の子とワイワイ飲み明かしていると、気がつけば3時間ほど滞在していたことに!

こうなるとキリがないので、黒服さんを呼んでチェックです!<(`ヮ´* )/

が、ニコニコの黒服さんが持ってきた伝票

お会計…

約7万7千円!

ななまんななせんえん

( ‘ω’)ファッ

もぐおの大切な7万7千円が、とってもカジュアルに消えていきました。。。
やばたにえん((((;´゚Д゚)))

ただ、思い返すと

・3時間のセット料金 約2.5万円くらい?
・女の子ドリンク 6人で約15杯だとすると 約2.5万円くらい?
・場内指名 2,000円
・チップ購入 10,000円

これらにTAX25%かかると、特にボラれたというわけではなく
もぐおが完全に調子に乗って使ってしまった金額らしい。

本当にこの日はそこそこ酔ってたので、無計画に長居しすぎた挙句
女の子ドリンクを注文しすぎてしまっただけの話。。。

まぁ、それは自業自得なので仕方ないと諦められるのですが、結局購入したチップ10,000円のうち、5,000円しか使っていないことにエレベーター前で気づくことに。
隣にいた黒服さんに冗談めいて、「チップ余った~」と伝えたら、「それはもう当日しか使えない」という、よくわからない理由で没収されたのが意味不明だった。(´・ω・`)

そういうお店のルールなら仕方ないけれど、一応金券ではあるのだから、そこはもっと説得力ある言葉で没収してもらいたかったなぁw

結局、モヤモヤ疑念を抱いて帰りましたとさ。

でも、きっとまた行くけどねっ!!ヾ(・ω・`)ノ

すすきのセミハードキャバクラ「and MORE(モア)」のまとめ

  • サービスはチップでの交渉制
  • チップ5,000円払えばセミハード以上のことはできそう
  • チップ出さなくてもキスと服の上からのお触りはできる
  • ガッツリお触りは基本的にダウンタイムのみ
  • ダウンタイムは30分に1回5分程度
  • 女の子は比較的レベルが高く、巨漢レベルの太ましい子はいなさそう
  • ジャグジーカウンターでは水着姿の女の子がジャグジーに入って接客。
    料金が安い分、女の子を触ることができないので、ガールズバーみたいになる。
  • オープン当初の回遊魚のような”なんでもアリ感”はない感じ
  • 店内は総じて綺麗でした

もぐおの評価

使ったお金:案内所チケット(60分5,000円)+女の子ドリンク約15杯+場内指名。延長合計120分で、お会計7.7万円ちょっと(震え

★★☆☆☆ 2/5点

回遊魚に似てるものの、ダウンタイム制であることなどから、あそこまでの”なんでもアリ感”はないかと思われ。
が、チップで簡単に基本的なセミハード相当、ないし以上のサービスは受けられるはず。

総じてほぼ満足だったし今後の期待を込めて★4くらいにしようと思ったけど、最後に5,000円の未使用チップを黒服さんに没収させられたのが不信で★2に。

すすきのセミハードキャバクラ「and MORE(モア)」の詳細

「and MORE(モア)」のお店情報

  • ジャンル:セミハードキャバクラ
  • TEL:011-200-0155
  • 住所:札幌市中央区南4条西3丁目 第1グリーンビル4F
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅徒歩1分
  • 営業時間:20時~LAST
  • 定休日:日曜日

「MORE(モア)」のシステム

  • 1SETのシステム:60分に女の子複数交代
  • ダウンタイム:30分に1回
  • 制服:セクシーな制服
  • 前金制:×
  • コール付:○
  • 客席:ボックス席

「MORE(モア)」の基本サービス内容

  • Dキス:○
  • トップレス:△(チップ制の為、女の子と交渉次第)
  • 胸お触り:○
  • 下半身お触り:△(チップ制の為、女の子と交渉次第)

「MORE(モア)」の料金システム

  • ■1セット60分(VISITOR)
    ・20:00~20:29 5,800円
    ・20:30~ 6,800円
    ・延長30分4,000円
  • ■1セット60分(MEMBER)
    ・20:00~20:29 4,800円
    ・20:30~ 5,800円
    ・延長30分4,000円
  • ■ジャグジーカウンター
    ・40分 2,000円
    ・延長30分 1,500円
    ※ワンドリンク付
    ※サービス料無料
  • 延長指名料 1,000円
  • シングルチャージ 1,000円
  • 優待同伴料30分 5,000円
  • 本指名料 3,000円
  • 場内指名料 2,000円
  • 同伴料 3,000円
  • VIPルーム60分
    ・Small Room 8,000円
    ・Big Room 20,000円
  • SC17% TAX8%

※料金システムなどは、掲載時から変更となる可能性あります。