すすきのハードキャバクラ「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」の体験談・口コミ①

すすきのハードキャバクラ「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」の体験談・口コミ

どうもみなさん、こんばんは。
ハロウィンで可愛いコスプレ女子たちとキャッキャウフフと盛り上がっているリア充男たちは風邪引けばいいのに、もぐおです。ヾ(・ω・`)ノ

と言ってる本人がすでに風邪気味です。(´・ω・`)
おかしいな、ハロウィンとは無縁なはずなのに。

さて、本日10月31日は言わずと知れたハロウィンの当日。
さまざまなお店でもコスプレしたりイベントしたりしているんでしょうね。
もぐおの周りの女の子たち(ビジネスライクな方々)は、今夜仕事を休んでプライベートでハロウィンコスプレして飲みに行く、というLINEメッセージが多かったです。

しかし今日の札幌は非常に寒い!
手稲山や中山峠では、もう雪が積もっているとか。

こんな寒い中、薄着で過激なコスプレする人はさすがに少ないでしょう。
今年は目の保養に露出大目のエロいコスプレを期待して、大通・すすきのをフラフラすることはないかな、残念。

2018年10月11日にオープンした、すすきの最大級のハードキャバクラ新店「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」

さて、2018年10月11日、すすきのに新しいハードキャバクラのお店「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」がオープンしたので行って来ました。

最初に言っておきますが、今回の体験談・口コミは非常に短く内容も薄いです。
あまり楽しくなかった(興奮しなかった)ので、延長もせずにすぐ帰って来てしまいました。(´・ω・`)

「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」は、コパカバーナピンクエレファントなどのハードキャバクラを経営しているプリンセスグループの新店です。
各系列店からも何人かの女の子が移籍してますので、新鮮味に感じないお客さんも多いかもしれません。

基本的には、同系列のすすきのハードキャバクラ「コパカバーナ」と同じサービス内容となっています。
オールダウンでいつでもお触りOKですが、下半身はパンスト越しのお触りになります。

ここ「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」のウリは何と言っても、

総工費1億円。
ビル2フロアを使用した、すすきの最大級のキャバクラ御殿。

というもの。

とにかく広くて豪華な内装みたいです。
さすがは天下のプリンス・プリンセスグループ。
オープン前から期待値がグングン上がっていたので、グランドオープン当日にもぐおも行ってきました!<(`ヮ´* )/

「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」の場所は、札幌市中央区南4条西2丁目7 TM-31BUILDINGと、キャバクラ好きの方々にはあまり馴染みのないビルに入ってます。
文化食堂』の裏手、プールバーやジャグジーがあることで有名なダイニングバー『モダンタイムス』と同じビルになります。

ビルが少し奥にあるため、通り沿いにはきちんと大きめの看板が出ていました。

2フロアを使用していますが、受付のある3Fでエレベーターを降ります。

が、あまりの混雑ぶりに断念!
5分ほど待ったものの待合室もギュウギュウだったので、ここは日を改めて再突撃することに。

「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」が、あまり楽しくなかった件。

というわけで、2018年10月11日にグランドオープンしてから、約2週間後の深夜。
再度、突撃してきました!<(`ヮ´* )/

ビルの近くに案内所がありましたが、そこではこの「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」の割引チケットが置いておらず。
ラウンドワン前のクラブマンゾクまで戻るのは、かなり面倒だったので、プリンセスの公式サイトに掲載中の1セット6,000円のクーポンを見せて受付。
携帯でクーポンを見せた瞬間、受付の黒服さんのテンションが下がったのを感じました。

グランドオープン2週間後ということで、すっかりガラガラな状態。
3分ほど待ってすぐに席に案内されます。

店内はけっこう暗め。
他の系列店と同じく、ミラーボール・観葉植物があります。
最近のプリンセスのキャバクラはこういうのが多いですね。

さて、総工費1億円の内装ですが、壁やパーテーションなど黒系のシンプルなものが多く、どちらかというと控えめでシックな内装
豪華絢爛というイメージはありませんでした。

もぐおはマンツーマンのお客さん向けの3Fのソファ席に案内されました。
2人がけのゆったりソファがあり、目線の位置は金網のようなパーテーションで区切られていたり、観葉植物が配置されたりしています。
客席同士はかなり離れているので、贅沢に空間を使って卓配置しているところは、他の系列店と同じです。

聞くところによると、4Fは団体席とVIPルームがあるとのこと。
この辺りがもしかしたら豪華な感じなのかもしれません。

3Fと4Fへは受付前の階段で移動するみたいです。
トイレが4Fだったので、一度階段をあがってみましたが、けっこう急な階段でした。
年末の繁忙期などは、酔っ払って踏み外して階段から転げ落ちる人、少なからずいそうです。

さてさて、席に座ってすぐに一人目の女の子がやって来ました!

やや太めの女の子。(´・ω・`)
挨拶の声はかなり低かったのですが、「ドリンク飲んでいいよー」というと、不思議と声のキーが2つくらい上がりました。
「レ」のトーンが「ファ」くらいに。
他のキャバクラ同様、接客時は女の子の足掛けがあります。

そこそこどこのキャバクラにもいそうなやや太ましい女の子ですが、なぜかもぐおさんテンション上がりません。
別にイチャイチャしなくてもいいかな?というモードになり、他愛もない話をして特に盛り上がることもなく25分終了。

本当はオールダウンのお店なので、セット時間中はずっとキスしたりお触りもできます。
他の系列店と同じく、パンストを履いているので、下半身はパンスト越しのお触りになりますが…。

続いて、2人目の女の子。
かなり高身長で細身ですが、ちょっとお年を召したようなキャバ嬢さんがつきました。

やや馬面の顔立ちで、正直もぐおのタイプではありません。
というか、ずっと日本語話せる馬にしか見えてませんでした、本当にごめんなさい。

ここで、店内がより一層暗くなりダウンタイムが始まりました。
基本的にはオールダウンではありますが、お触りのきっかけにと1セット(50分)に1回、真っ暗になるダウンタイムがあるようです。

このダウンタイムになると、女の子が男性客の上に跨って対面座位の格好で座ります。
普通のキャバクラと同じですね。

ムラムラやイチャイチャという気がおきない空気を察してか、女の子も特に何かサービスするではなく、ただもぐおの上に座ってトーク。
こういうときは、男性客もリードしたり、「よーし、今からお触りしちゃうぞ!」という空気感を少しは出すべきなのでしょうが、如何せんそういう気になれなかった…。
これは完全にもぐおも悪いです。(´・ω・`)

10分程度のダウンタイムがひたすら長く感じました。

セット時間の50分が経過したところで、黒服が延長確認にやって来ます。
自動延長制ではなく、コールありなのは安心ですよね。

黒服さんの「そろそろ時間ですが…」の言葉に被せるように「チェック」と伝えてお会計。

帰り際、ビルの看板を見ると、可愛くて細くてエロ楽しそうな女の子も在籍しているようです。
暇な時間に割引チケット使うから、リストも良い女の子をつけてくれなかったんじゃ…という感想です。

サービスも女の子も系列店のコパカバーナとほぼ同じような感じでした。

特に指名もないのでしたら、一次会にどこかで飲んでいて「さあ二次会はハードキャバクラだ!」となったときに、コパカバーナとマンダリンククラブどちらか近いほうに行く、くらいの気持ちで良いかと。

まぁ、パンスト越しのお触りなので、このあたりは好き嫌い別れそうですよね。
(個人的にパンスト越しのおさわりはハードではなくセミハードキャバクラだと思ってますが…)
プリンセスのハードキャバクラは料金少し高めですし。

あ、ハードキャバクラなのに今回おっぱい揉んでないや…でも、まぁいいか
と思っちゃうくらいな、体験談でした。(´・ω・`)

すすきのハードキャバクラ「and Mandarin Club(マンダリン クラブ)」のまとめ

  • いつでも触ってられるオールダウン
  • ただし下半身のお触りはパンスト越しで指入れ不可
  • ゆったり広々なソファタイプの席で、隣の席ともそこそこ離れている
  • ビル2フロアを使用していて、すすきの最大級らしい
  • 他のハードキャバクラに比べて料金が少し高め
  • 基本的に系列店の「コパカバーナ」と同じ

もぐおの評価

使ったお金:公式サイトの割引チケット(50分6,000円)+女の子ドリンク2杯で、お会計8,000円

★★☆☆☆ 2/5点

広くてのびのびできるゆったりソファ席なので、落ち着いて飲みたい方には良いはず。
もぐおには今回つかなかったけど、可愛い女の子もいることでしょう。
可愛くて指名したいと思える子に当たったら、良いお店と感じるはずw

すすきのハードキャバクラ「and Mandarin Club(マンダリン クラブ)」の詳細

「and Mandarin Club(マンダリン クラブ)」のお店情報

  • ジャンル:ハードキャバクラ
  • TEL:011-530-0070
  • 住所:札幌市中央区南4条西2丁目7
    TM-31BUILDING 3F・4F
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅徒歩5分
  • 営業時間:20時~LAST
  • 定休日:日曜日

「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」のシステム

  • 1SETのシステム:50分間内女の子2人交代
  • ダウンタイム:オールダウンタイムでいつでもお触りOKですが、50分に1回店内が暗くなりダウンタイムになります。
  • 制服:ドレス
  • 前金制:×
  • コール付:○
  • 客席:ソファ席

「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」の基本サービス内容

  • Dキス:○
  • トップレス:○
  • 胸お触り:○
  • 下半身お触り:パンスト越し

「Mandarin Club(マンダリン クラブ)」の料金システム

  • 1セット50分 8,500円
  • 延長50分(切り返し) 8,500円
  • 本指名料 2,000円
  • 場内指名料 2,000円
  • VIPルーム料 10,000円(1セット)
  • SC&TAX 25%

※料金システムなどは、掲載時から変更となる可能性あります。